トップページ » お知らせ » 2014年10月


小笠原流礼法(和食のいただき方) (2014年10月23日)

 10月22日(水),1年生の道徳の授業で小笠原流礼法を行いました。昨年度,本校では食育の研究も行い,その中で和食のいただき方を学びました。今年度からは毎年1年生に和食のいただき方を勉強してもらいます。講師は小笠原流礼法師範の西海先生です。和食の頂き方(作法:マナー)は,食事を共にする人に配慮し,安全を考え,食べ物を大切にする事が基本であり,思いやりの気持ちが大切であると学びました。そして,作法を身に付ける事でその人の「品格」が良くなると思いました。


dscf0921 dscf0923

箸の持ち方の確認や,食器の配置はなぜ決まっているかも教えてもらいました。

御椀と箸の動かし方にも作法があります。